川野二郎の犯行動機は母親が原因?

スポンサードリンク

福岡市東区千早にある千早病院で、6月27日に医師が包丁で刺される事件があり、 59歳の男が殺人未遂の違いで現行犯逮捕されています。

殺人未遂の容疑で逮捕されたのは川野二郎容疑者という人物で、 40代の男性医師を折りたたみ式ナイフで刺し殺害しようとした疑いが持たれているとの事。

今回は川野二郎容疑者についてまとめてみました。

川野二郎容疑者が殺人未遂で逮捕

川野二郎の犯行動機は母親が原因?

6月27日に千早病院で男性石をナイフで複数回刺し殺害しようとしたとして59歳の男が逮捕されています。

『包丁を持った人が入ってきた。先生が刺された』と通報がありました。

被害にあった医師の年齢は49歳で、男に背中を包丁で刺されて重傷だと言うことです。

男性医師は全治2週間のけがをしましたが意識はあり命に別状は無いとのことです。

この事件で殺人未遂の容疑で逮捕されたのが川野二郎容疑者。 病院の職員に取り押さえられ、駆けつけた警察間に無事現行犯逮捕されたとのことです。

警察の調べに対しては黙秘している様です。

事件現場付近にいた通院患者によると

「みんなキャーキャー言って、看護師が中から出てきた。」

「現場は違べったり。病院でこういうことが起きるのが異常。」

と証言していたんだとか。

被害にあった男性医師について知る患者の証言によると、とても優しい先生だったとのこと。

現場は病院にある診察室。 男性医師は患者の診察中だったそうです。

川野二郎容疑者の反抗動機は?

被害にあった男性医師は患者にも評判が良くとても優しい先生だったとのことです。

ではなぜこのような事態になってしまったのでしょうか?

川野二郎容疑者の犯行動機が気になるところですが、警察の調べに対し川野二郎容疑者は黙秘を続けているとのことです。

しかし、新たな情報がわかった様子。

川野二郎容疑者は 事件を起こす前日に特養老人ホームに入居していた母親(93歳)をなくしていたようです。

もしかして川野二郎容疑者の母親が事件と関係があったのか調べてみましたが、母親と千早病院との関係は現時点ではないとみられており、

川野二郎容疑者は現場から約4キロ離れた障害者グループホームに入所していたとのこと。

川野二郎容疑者は これまでに大きなトラブルはなく、千早病院との関係は分かっていないようです。

なぜ母親の死の翌日にこのような犯行に及んでしまったのでしょうか?

川野二郎容疑者は「取り押さえられているときに、「なんで自分がこういう目にあうのか」みたいなことを言っていた。」と言っていたのを近くで 事件を目撃していた女性患者が聞いていたようで、

一部では母親を亡くしたショックで自暴自棄になりこのような犯行に及んだのではないかと言われているようですね。

           スポンサードリンク

川野二郎容疑者のプロフィールは?妻(嫁)や子供は?

川野二郎容疑者のプロフィール等についてまとめてみました。

名前 川野二郎

年齢 59歳

自宅 福岡市東区下原

職業 無職

川野二郎容疑者は 事件現場となった千早病院から4キロほど離れた障害者グループホームに入所していたと言うことがわかっています。

川野二郎容疑者は結婚していたと言う情報がなく、妻()や子供の存在は現時点ではわかっていません。

川野二郎容疑者の顔画像は?

川野二郎容疑者の顔画像についても調べてみました。

川野二郎容疑者 の顔画像は現在メディアでは公開されていないため、Facebookのアカウント等調べてみましたが、

川野二郎容疑者と 同姓同名のアカウントが複数ヒットしたものの、本人のものとわかる情報はありませんでした。

よって川野二郎容疑者の 顔画像は現時点ではわかっていません。また分かり次第追記していきたいと思います。

関連記事はコチラ↓

千早病院で刺された医師は誰?名前や診療科は?

(Visited 197 times, 1 visits today)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA